エクササイズダイエットの注意

エクササイズダイエットの注意

ダイエットのために、自分に合ったエクササイズを行うことが、エクササイズダイエットです。

 

どういった点に注意をしてエクササイズダイエットをすると長続きするでしょう。

 

エクササイズを開始する前には準備運動をして体を温めることが、エクササイズダイエットの基本です。

 

お腹に効くからといって、いきなり腹筋などを始めては身体もびっくりしてしまいます。

 

身体が全く温まっていない状態で始めても、ダイエット効果は半減します。

 

エクササイズをする前には、軽く体を動かして体を温めることがダイエットのコツです。

 

ダイエットを成功させるには、20分はエクササイズを続ける習慣をつけることでしょう。

 

脂肪が燃えるまで運動をするとなると、やはり20分は必要です。

 

一大決心をしてエクササイズダイエットを開始するのですから、効率のいいやり方で実践したいものです。

 

時間を見て、最低限20分、できるならば30分ほど慣れてきたら、40分から1時間ぐらいできると理想的です。

 

エクササイズダイエット中には、水分補給に注意しましょう。エクササイズに気をとられて水分を取るのを忘れてしまうことがあります。

 

こまめに水分を体内に取り入れることによって、エクササイズをしている時に体の水分が足りなくなってしまうような状況が回避できます。

コレステロールを下げる食事のコツ

生活習慣病にならないために、食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。

 

一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。朝ご飯を和食中心にすることが、コレステロールを下げる効果があります。

 

朝ご飯を洋食にすると、ベーコンやバター、卵など、コレステロール値の高いものが多く登場します。

 

コレステロールの少ない洋食の朝食にしたい場合は、高リノール酸を使ったマーガリンや、脂肪量の少ないハムがおすすめです。

 

肉類を食べるときは、脂肪の多いロース肉やバラ肉などを避け、脂肪の少ないもも肉や鶏肉などを選ぶようにしましょう。

 

血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。

 

飽和脂肪が多くなく、かつたんぱく質が豊富な食品に大豆があります。献立を考える時に、豆腐やおから、厚揚げなどを使うといいでしょう。

 

低脂肪の乳製品を使うことで、コレステロールの摂取量が控えられます。

 

たんぱく質やカルシウムは、乳製品から上手に摂取して、健康増進に役立てていくといいでしょう。

 

コレステロールを下げたいならば、野菜や海草類を多く食べるといいでしょう。食事の内容を決める時に、意識しておくといいでしょう。

 

コレステロールのことを考えるならば、間食には和菓子を選択しましょう。毎日の食事を工夫して、コレステロール値を下げるようにしましょう。